/

柔道講道館杯、村尾が2連覇 武田は初V

柔道の講道館杯全日本体重別選手権最終日は1日、千葉ポートアリーナで男女計7階級が行われ、男子90キロ級は20歳の村尾三四郎(東海大)が決勝で長井晃志(日体大)に合わせ技で一本勝ちし、2連覇を果たした。

男子100キロ級は2018年アジア大会王者の飯田健太郎(国士舘大)が3年ぶり2度目の制覇。同100キロ超級は影浦心(日本中央競馬会)が2年ぶり2度目の頂点に立った。

女子で52キロ級は武田亮子(龍谷大)が決勝で17年世界選手権覇者の志々目愛(了徳寺大職)を指導3で反則勝ちを収め、初優勝した。48キロ級の立川莉奈(福岡県警)、57キロ級の柴田理帆(JR東日本)、63キロ級の堀川恵(パーク24)も初制覇。

女子52キロ級決勝 志々目愛(奥)を破り優勝した武田亮子(1日、千葉ポートアリーナ)=共同

4月に福岡市で開催予定だった全日本選抜体重別選手権を兼ねた今大会は、新型コロナウイルス禍で初の全国大会。感染対策により無観客で実施され、試合前の検査では全選手が陰性だった。来年の東京五輪男女代表13人は出場していない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン