/

J1、首位川崎ドロー 名古屋は10試合ぶり失点で初黒星

明治安田J1第10節最終日(18日・川崎市等々力陸上競技場ほか=4試合)首位の川崎は広島と1-1で引き分け、連勝が5で止まった。2位の名古屋は開幕節以来10試合ぶりに失点し、鳥栖に1-2で敗れて今季初黒星。更新中だった連続無失点のJ1記録は途切れ、勝ち点32の川崎との差が6に広がった。

C大阪は4試合ぶり勝利。4連勝を狙った浦和に1-0で競り勝った。G大阪―清水は0-0で引き分けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン