/

五輪代表の原沢は2回戦から 柔道マスターズ、11日開幕

柔道の世界ランキング上位者で争うマスターズ大会は11日、ドーハで開幕する。10日は組み合わせ抽選が行われ、男子100キロ超級で東京五輪代表の原沢久喜(百五銀行)は2回戦から登場。エントリーした五輪2連覇中のテディ・リネール(フランス)とは準決勝まで対戦しない。

新型コロナウイルスの影響で日本勢は昨年2月以来の国際大会となり、9選手が出場する。五輪代表は男子90キロ級の向翔一郎(ALSOK)が1回戦から闘い、女子で78キロ級の浜田尚里(自衛隊)、57キロ級の芳田司(コマツ)、48キロ級の渡名喜風南(パーク24)はいずれも2回戦から登場。

海外勢は女子48キロ級で世界選手権2連覇中のダリア・ビロディド(ウクライナ)ら多くのトップ選手が参戦する。

五輪出場権の基準となる世界ランキングポイント対象大会。国際柔道連盟(IJF)は外部との接触を遮断する「バブル」方式など感染対策を徹底して開催する。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン