/

トヨタ自動車・ENEOS先勝 バスケWリーグ準決勝

バスケットボール女子Wリーグのプレーオフは14日、代々木第二体育館で2戦先勝方式の準決勝第1戦が行われ、西地区1位のトヨタ自動車は東地区2位の富士通に79-56で快勝し、東地区1位で12連覇を目指すENEOSは西地区2位のデンソーに73-72で逆転勝ちした。

準決勝第1戦の富士通戦でシュートを放つトヨタ自動車の馬瓜エ=右(代々木第二体育館)=Wリーグ提供・共同

トヨタ自動車はゴール下の攻防で優位に立ち、終始危なげなかった。ENEOSは最終クオーターに宮崎らの得点で猛追し、終了間際に岡本のフリースローで逆転した。

準決勝第2戦は15日に行われる。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン