/

ボクシング高山、復帰戦は判定勝利 元世界王者

ボクシングのミニマム級で世界主要4団体の王座に就き、東京五輪挑戦のためアマチュアに転向後、再びプロとなった高山勝成(寝屋川石田)が27日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で小西伶弥(SUN-RISE)とライトフライ級6回戦を闘い、復帰戦を3-0の判定勝ちで飾った。

2回、小西伶弥(左)を攻める高山勝成。プロ復帰戦を3-0の判定勝ちで飾った(27日、エディオンアリーナ大阪)=共同

高山はジャブで機先を制し、パンチを上下に的確に打ち分けた。2016年以来のプロのリングで躍動し「とても楽しい6ラウンドだった。来年はタイトルを獲得できるように精進したい」と話した。

当初は11月23日に予定されていたが、小西が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性判定が出たため中止。その後、陰性が確認されて仕切り直しとなった。

37歳の高山は17年4月に東京五輪挑戦のため一度はプロを引退。五輪代表入りを逃し、今年3月にプロライセンスを再取得した。5月10日に別の相手と復帰戦を行う予定だったが、コロナ禍で中止となっていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン