/

五輪代表の素根が優勝 柔道GS、影浦・梅木らもV

柔道のグランドスラム(GS)タシケント大会最終日は7日、ウズベキスタンのタシケントで男女計5階級が行われ、東京五輪代表で女子78キロ超級の素根輝が優勝した。初戦の2回戦から3試合連続一本勝ちで進んだ決勝で、ベアトリス・ソウザ(ブラジル)を指導3による反則勝ちで退けた。実戦は2019年11月以来だった。

男子100キロ超級の影浦心(日本中央競馬会)は初戦から4試合を一本勝ちし、決勝では実力者の金成民(韓国)に優勢勝ちして頂点に立った。

16年リオデジャネイロ五輪代表で女子78キロ級の梅木真美(ALSOK)は決勝でクロアチア選手に快勝し、4試合全て一本勝ちで優勝。日本女子は7階級のうち6階級を制覇した。

男子90キロ級の長沢憲大(パーク24)は決勝でダフラト・ボボノフ(ウズベキスタン)に延長の末、優勢勝ちした。100キロ級には日本勢が出場していない。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン