/

四国銀・ホンダ熊本など8強 都市対抗野球

都市対抗野球大会第8日は29日、東京ドームで2回戦3試合が行われ、四国銀行(高知市)ホンダ熊本(大津町)日本新薬(京都市)が準々決勝に勝ち上がった。

四国銀行は四回に2点を先制。菊池、山本の継投でパナソニック(門真市)を2-1で振り切り、初のベスト8に進んだ。ホンダ熊本は山本卓が3打点と活躍してJR東日本(東京都)に4-1で勝ち、17年ぶりの8強。日本新薬は六回に2本塁打で4点を勝ち越し、三菱重工広島(広島市)を5-2で破った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン