/

パラ競泳代表、石浦智美ら3人内定

東京パラリンピック代表選考会を兼ねた競泳のジャパンパラ大会最終日は23日、横浜国際プールで行われ、男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)は2019年世界選手権の金メダリストで、既に代表に内定している木村敬一(東京ガス)が派遣基準記録を切る1分2秒95で優勝した。今大会で代表内定した富田宇宙(日体大大学院)が2位だった。

男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝 優勝した木村敬一(23日、横浜国際プール)=共同

19年世界選手権代表で女子の石浦智美(伊藤忠丸紅鉄鋼)、男子の窪田幸太(日体大)と荻原虎太郎(セントラルスポーツ)が新たに代表に内定した。

女子50メートル自由形(視覚障害S11)予選 力泳する石浦智美(手前)。派遣基準記録を突破し、東京パラリンピック代表に内定した(23日、横浜国際プール)=共同

3人はいずれもパラリンピック初出場。石浦は女子50メートル自由形(視覚障害S11)予選で31秒20をマーク。窪田は男子100メートル背泳ぎ(運動機能障害S8)予選で1分9秒97の日本記録、荻原は同100メートルバタフライ(運動機能障害S8)決勝で1分5秒25を出し、いずれも派遣基準記録を破った。

今大会では富田、窪田、石浦、荻原に鈴木孝幸(ゴールドウイン)を加えた5人が代表に内定した。それ以外の代表は24日の選考委員会で選出する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン