2019年9月15日(日)

その他スポーツ

桃田が男子単2連覇、奥原は女子単で銀 世界バドミントン

2019/8/25 23:33
保存
共有
印刷
その他

【バーゼル(スイス)=共同】バドミントンの世界選手権最終日は25日、スイスのバーゼルで各種目の決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)がそろって大会2連覇を果たした。世界選手権で日本勢の連覇は初めて。

バドミントンの世界選手権男子シングルスで優勝し、ガッツポーズする桃田賢斗。日本勢初となる2連覇を達成した(25日、スイスのバーゼル)=共同

バドミントンの世界選手権男子シングルスで優勝し、ガッツポーズする桃田賢斗。日本勢初となる2連覇を達成した(25日、スイスのバーゼル)=共同

第1シードの桃田は第5シードのアンデルス・アントンセン(デンマーク)に2-0で完勝。女子ダブルスは昨年と同じ顔合わせとなり、第1シードの永原、松本組が第2シードの福島由紀、広田彩花組(アメリカンベイプ岐阜)に2-1で競り勝った。福島、広田組は3年連続の準優勝。

バドミントンの世界選手権女子ダブルスで福島(左から2人目)、広田組を破って優勝し、笑顔の永原(右から2人目)、松本組。日本勢初の2連覇を達成した(25日、スイスのバーゼル)=共同

バドミントンの世界選手権女子ダブルスで福島(左から2人目)、広田組を破って優勝し、笑顔の永原(右から2人目)、松本組。日本勢初の2連覇を達成した(25日、スイスのバーゼル)=共同

女子シングルスで2017年大会覇者の奥原希望(太陽ホールディングス)は16年リオデジャネイロ五輪銀メダルのシンドゥ・プサルラ(インド)に0-2で敗れ、2年前の決勝の雪辱を許した。

女子シングルス決勝 シンドゥ・プサルラ(上)に敗れ、うつむく奥原希望(25日、スイスのバーゼル)=共同

女子シングルス決勝 シンドゥ・プサルラ(上)に敗れ、うつむく奥原希望(25日、スイスのバーゼル)=共同

日本勢は初の全5種目表彰台を達成し、昨年に並ぶ最多6個のメダル獲得を決めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 テニスのWTAツアー、ジャパン女子オープン最終日は15日、広島市の広島広域公園コートで、シングルス決勝が行われ、日比野菜緒(ブラス)が土居美咲(ミキハウス)を6―3、6―2で下して、2015年のタシ …続き (19:42)

成年女子100メートル背泳ぎ決勝 59秒58で優勝した兵庫・白井璃緒(15日、山新スイミングアリーナ)=共同

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」は15日、ひたちなか市の山新スイミングアリーナなどで会期前競技が行われ、競泳の成年女子で白井璃緒(兵庫・東洋大)が100メートル自由形を54秒27で、10 …続き (19:39)

子どもたちにプレーを披露する大坂なおみ(15日、ITC靱TC)=共同

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープンに出場する大坂なおみ(日清食品)が開幕前日の15日、会場の大阪市ITC靱TCで記者会見し、大会前にジャーメーン・ジェンキンス氏とのコーチ契約を解消したこと …続き (17:02)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。