/

札幌ハーフマラソン、海外6選手出場 五輪テスト大会

東京五輪のテスト大会として5日に札幌市で開催されるハーフマラソンの実行委員会は2日、五輪のマラソン代表に決まっている男子のバート・ファンニュネン(オランダ)、女子のカタリナ・シュタイリューク(ドイツ)ら海外4カ国から6選手が出場すると発表した。既に札幌に到着しているという。

海外勢は毎日検査を受け、借り上げた車両で移動することなどをうたった新型コロナウイルス対策のガイドラインも発表した。

大会は当初予定されていた市民部門を中止し、沿道での応援自粛も呼び掛けている。ハーフには日本女子五輪代表の前田穂南(天満屋)らがエントリーしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン