/

早大が46度目V、法大と並びリーグ最多 東京六大学野球

東京六大学野球秋季リーグ最終週第2日は8日、神宮球場で2回戦が行われ、早大が慶大を3-2で下し、7勝3分けのポイント8.5として10季ぶり46度目の優勝を果たした。優勝回数は法大に並びリーグ最多。慶大、明大が同7で2位。4位以下は立大、法大、東大の順となった。

10季ぶり46度目の優勝を果たし喜ぶ早大ナイン(8日、神宮)=共同

早大は1-2の九回、蛭間が逆転2ランを放ち、楽天ドラフト1位指名の早川が締めた。

首位打者は4割2分9厘の竹葉(立大)、最優秀防御率には0.39の早川が輝いた。

新型コロナウイルスの影響で、今季は2戦先勝の勝ち点制ではなく2回戦総当たりのポイント制で争われた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン