/

ジョコビッチが優勝 全豪テニス、3年連続9度目

【メルボルン=共同】テニスの四大大会第1戦、全豪オープン最終日は21日、メルボルンで行われ、男子シングルス決勝で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第4シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)を7-5、6-2、6-2で下し、3年連続9度目の優勝を果たした。

男子シングルスで3年連続9度目の優勝を果たしたノバク・ジョコビッチ(21日、メルボルン)=AP

33歳のジョコビッチは自身が持つ最多優勝記録を更新し、四大大会で通算18勝目。優勝賞金275万豪ドル(約2億2800万円)を獲得した。25歳のメドベージェフはロシア勢で3人目の頂点に届かなかったが、22日付世界ランキングで4位から自己最高3位に浮上する。

男子ダブルスはイワン・ドディグ(クロアチア)フィリップ・ポラシェク(スロバキア)組が四大大会で初のタイトルを手にした。

今年は新型コロナウイルスの影響で当初予定した1月から2月に延期され、入場者数を制限して開催した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン