/

23歳ロペスがロマチェンコ破る ボクシング、4団体王座統一

ボクシングのライト級の世界主要4団体王座統一戦は17日、米ネバダ州ラスベガスで行われ、国際ボクシング連盟(IBF)王者のテオフィモ・ロペス(米国)が3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を3-0の判定で破った。米メディアによると4団体統一は史上5人目、23歳での達成は最年少となった。

16戦全勝としたロペスは「真の王者だ。世界を勝ち取る準備をしてきた」と誇った。2008年北京、12年ロンドン五輪金メダリストのロマチェンコはプロでの戦績が14勝2敗となった。「判定に納得していない。私が勝っていた」と語った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン