/

日体大・花田がアマ横綱 大学1年Vは36年ぶり

相撲の第69回全日本選手権は6日、東京・両国国技館で行われ、19歳の花田秀虎(日体大)が決勝で山口怜央(近大)を押し出して初優勝し、アマチュア横綱に輝いた。大学1年での制覇は高校3年から2連覇した日大の久嶋啓太(大相撲の元幕内久島海=故人)以来36年ぶり2人目の快挙。

初優勝した日体大・花田秀虎(6日、両国国技館)=共同

日体大勢では2002年の大西雅継(元関脇嘉風=現中村親方)以来の優勝。花田は準決勝で松園大成(日体大)を突き落とした。3位は松園と川渕一意(日大)。

昨年覇者の谷岡倖志郎(大阪府)と学生横綱のプレブスレン・デルゲルバヤル(日体大)は初戦で姿を消した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン