/

青木、女子100障害で日本タイ記録 布勢スプリント陸上

陸上の布勢スプリントは6日、鳥取市のヤマタスポーツパーク陸上競技場で行われ、男子100メートル決勝で山県亮太(セイコー)が追い風2.0メートルの条件下、9秒95の日本新記録を樹立して優勝した。サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)の記録を0秒02縮めた。多田修平(住友電工)が10秒01で2位。2人は東京五輪参加標準記録(10秒05)を突破した。この種目の日本勢の参加標準記録の突破者は5人となった。

男子100メートルで9秒95の日本新記録をマークして優勝し、笑顔でガッツポーズする山県亮太(6日、ヤマタスポーツパーク陸上競技場)=代表撮影・共同

小池祐貴(住友電工)が10秒13で3位、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は10秒28で6位。追い風2.6メートルの予選で10秒01だった桐生祥秀(日本生命)は決勝を棄権した。

女子100メートル障害は青木益未(七十七銀行)が追い風1.8メートルの条件下、日本記録に並ぶ12秒87で優勝した。日本記録保持者の寺田明日香(ジャパンクリエイト)は12秒89で2位。

女子100メートル障害で日本記録に並ぶ12秒87をマークして優勝し、笑顔でポーズをとる青木益未(6日、ヤマタスポーツパーク陸上競技場)=代表撮影・共同

女子100メートルは御家瀬緑(住友電工)が11秒57で勝ち、男子110メートル障害は金井大旺(ミズノ)が13秒40で制した。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン