/

空手の形、喜友名・清水がV プレミアリーグ

空手女子形で優勝した清水希容(27日、パリ)=共同

【パリ=共同】空手のプレミアリーグ第1戦最終日は27日、パリで行われ、形の決勝で男子は世界選手権3連覇中の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が26.92点の高得点で、ウーゴ・キンテロ(スペイン)を退けて頂点に立った。女子は清水希容(ミキハウス)が26.14点で優勝した。

組手の決勝は、男子75キロ級で西村拳(チャンプ)がラファエル・アガイエフ(アゼルバイジャン)を1-0で下した。女子は68キロ超級の植草歩(JAL)が優勝。50キロ級の宮原美穂(帝京大)と68キロ級の染谷香予(テアトルアカデミー)は敗れた。

プレミアリーグは2020年東京五輪を見据えて今大会から新ルールが採用され、形は従来の旗判定に代わって採点方式を導入。女子組手の試合時間が3分に延長された。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン