スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

世界柔道優勝の大野・丸山、五輪へ意欲示す 祝賀会で宣言

2019/10/13 18:51
保存
共有
印刷
その他

今夏の柔道世界選手権で優勝した男子73キロ級の大野将平(旭化成)、同66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)が13日、母校天理大のある奈良県天理市内で祝賀会に臨み、約700人の前でさらなる飛躍への決意を示した。

今夏の柔道世界選手権で優勝し、祝賀会に出席した大野将平(左)と丸山城志郎(13日、奈良県天理市)=共同

今夏の柔道世界選手権で優勝し、祝賀会に出席した大野将平(左)と丸山城志郎(13日、奈良県天理市)=共同

2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの大野は完璧な内容で3度目の世界王座を奪還。「来年の東京五輪が本当の勝負になる。柔道界で圧倒的な存在から絶対的な存在になれるよう、全身全霊で日々努力していく」と力強く宣言した。

初の世界一に輝き、代表争いで阿部一二三(日体大)を一歩リードした丸山は「世界選手権が全てではない。気を緩めず、66キロ級は丸山と言われる存在になりたい」と新たな精進を誓った。

2人はグランドスラム大阪大会(11月22~24日・丸善インテックアリーナ大阪)で優勝すれば、東京五輪代表に決まる可能性が高い。大野は「普通の大会の一つ。一戦必勝の気持ちで最高の準備をする」と自信満々の表情。丸山は世界選手権で痛めた右膝の回復具合を順調とし「早く代表を決めたい。勝ち切れるように頑張っていく」と静かに闘志を燃やした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 【ジュネーブ=共同】国際柔道連盟(IJF)は23日、来年の東京五輪シーズン開幕戦に位置付けるマスターズ大会を1月11~13日にカタールの首都ドーハで開催すると発表した。新型コロナウイルスの影響で中断 …続き (24日 9:32)

 ボクシングのミニマム級で世界主要4団体の王座を獲得した高山勝成(37)=寝屋川石田=が、プロ復帰戦として23日に兵庫県の三田市総合文化センターで行う予定だったライトフライ級6回戦が中止となった。対戦 …続き (23日 18:14)

 日本ボクシングコミッション(JBC)は23日、ミニマム級で世界主要4団体の王座を獲得した高山勝成(寝屋川石田)が、同日に兵庫県の三田市総合文化センターで行う予定だったプロ復帰戦のライトフライ級6回戦 …続き (23日 11:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]