/

スビトリナが初優勝 女子テニスWTAファイナル

WTAファイナルで優勝し、トロフィーにキスするエリナ・スビトリナ(28日、シンガポール)=共同

【シンガポール=共同】女子テニスの年間成績上位8人、8組によるWTAファイナル最終日は28日、シンガポールで行われ、シングルス決勝で世界ランキング7位のエリナ・スビトリナ(ウクライナ)が同6位のスローン・スティーブンス(米国)に3-6、6-2、6-2で逆転勝ちし、初優勝を飾った。1次リーグからの5試合を全勝したスビトリナは賞金236万ドル(約2億6432万円)を獲得した。

ダブルス決勝ではティメア・バボシュ(ハンガリー)クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)組がバルボラ・クレイチコバ、カテリナ・シニアコバ組(チェコ)を6-4、7-5で下し、初制覇を果たした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン