/

スクラムハーフ田中「次の一戦に全力」 ラグビーW杯

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグA組第3戦でサモアを下し、3連勝の勝ち点14で同組首位に立った日本代表は6日、試合のあった愛知県豊田市から東京都内へ移動し、記者会見した。スクラムハーフの田中史朗(キヤノン)は「この3勝は忘れ、次の一戦に全力で臨む気持ちで準備したい」と最終戦に向けて気持ちを切り替えた。

記者会見するラグビー日本代表の田中(6日、東京都内)=共同

移動中の名古屋駅や東京駅では、居合わせた人たちから激励の声を掛けられ、選手たちは笑顔で応じるなど、期待の大きさをうかがわせた。

日本はサモア戦の終盤に福岡堅樹(パナソニック)と松島幸太朗(サントリー)の両ウイングが連続トライを挙げて、4トライ以上に与えられるボーナス点1を含む勝ち点5を獲得した。

初の1次リーグ突破が懸かるスコットランドとの最終戦は13日に横浜市の日産スタジアムで行われる。日本は勝つか引き分けでA組2位以内となり、決勝トーナメント進出が決定する。敗れても8強入りが決まるケースもある。藤井雄一郎強化委員長は「次の試合はすごく大事。目標はベスト8だが、その次(4強)も狙っている」と力強く話した。

チームは7日から最終戦に向けた調整に入る。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン