/

空手、喜友名が史上最多の9連覇 全日本選手権

空手の全日本選手権は13日、東京・日本武道館で行われ、形男子は東京五輪代表の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が史上最多の9連覇を達成した。同女子は大野ひかる(大分市消防局)が初優勝。大会タイとなる8連覇を狙った五輪代表の清水希容(ミキハウス)は準優勝だった。

空手の全日本選手権で優勝した(左から)形男子の喜友名諒、組手女子の沢江優月、形女子の大野ひかる、組手男子の崎山優成(13日、日本武道館)=共同

体重無差別の個人組手は、男子が崎山優成(近大)、女子は沢江優月(帝京大)がともに初優勝した。女子で五輪代表の植草歩(JAL)は3回戦で敗退した。

今大会は新型コロナウイルス対策として、組手は頭部を覆う防具「メンホー」の口元を小型シールドで覆って着用。選手や関係者、観客を含めて収容人数は半分以下の約5千人にとどめた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン