/

乾・三井組が銅 世界水泳シンクロデュエットTR

日本に4大会ぶりメダル

デュエット・テクニカルルーティンで銅メダルを獲得した乾(左)、三井組(26日、カザニ)=共同

【カザニ(ロシア)=共同】水泳の世界選手権第3日は26日、ロシアのカザニでシンクロナイズドスイミングが行われ、デュエット・テクニカルルーティン(TR)決勝で予選3位の乾友紀子(井村シンクロク)三井梨紗子(東京シンクロク)組が92.0079点の3位となり、日本勢として2007年以来4大会ぶりのメダルを獲得した。

12年ロンドン五輪覇者のナタリア・イーシェンコ、スベトラーナ・ロマシナ組(ロシア)が95.4672点で優勝した。黄雪辰、孫文雁組(中国)が93.3279点で2位だった。

非五輪種目のフリーコンビネーション予選の日本(乾、三井、中村、箱山、田崎、吉田、中牧、丸茂、小俣、林)は92.6000点の3位で8月1日の決勝に進出した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン