/

J1、浦和が大分との接戦制す 清水と湘南はドロー

浦和―大分 後半、決勝ゴールを決める浦和・田中(右)。GKポープ(25日、埼玉スタジアム)=共同

明治安田J1第11節最終日(25日・埼玉スタジアムほか=2試合)浦和が田中らのゴールで大分との接戦を3-2で制し、勝ち点17として8位に浮上した。大分は7連敗。湘南はウェリントンのゴールで追い付き、清水と1-1で引き分けた。6戦負けなしで、5試合勝利のない清水とともに勝ち点は11。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン