/

重量挙げの日本人選手、入国制限で大会出場できず

日本重量挙げ協会は15日、糸数陽一(警視庁)や安藤美希子(FAコンサルティング)らが出場予定だったコロンビアの国際大会について、新型コロナウイルスの影響で日本人選手の入国が制限されるため、出場できなくなったと明らかにした。八木かなえ(ALSOK)や村上英士朗(ファーテル)も出場予定だった。

コロンビアは13日、新型コロナウイルス対策で、過去14日間以内にアジアや欧州に滞在した外国人は16日以降の入国を認めないと発表した。

糸数や安藤らは韓国での東アジア選手権が延期となったため、コロンビアの大会にエントリーしていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン