2019年8月26日(月)

その他スポーツ

日本3大会ぶりV、最終戦6-1で快勝 日米大学野球

2019/7/21 21:16
保存
共有
印刷
その他

日米大学野球選手権は21日、神宮球場で最終第5戦が行われ、日本が6-1で快勝し、3勝2敗で3大会ぶり19度目の優勝を果たした。国内開催では1981年大会から16連覇。

5回無失点と好投した森下暢(21日、神宮)=共同

5回無失点と好投した森下暢(21日、神宮)=共同

日本は一回に柳町(慶大)の適時打で1点先取。四回には海野の2点二塁打などで3点を加えた。先発した森下暢(明大)は5回無失点と好投した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

デンマーク選手からポイントを奪いガッツポーズする桃田=共同

 【バーゼル(スイス)=共同】バドミントンの世界選手権最終日は25日、スイスのバーゼルで各種目の決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行) …続き (25日 23:33)

バド世界選手権男子シングルスで優勝し、金メダルを持ち笑顔の桃田=共同

 【バーゼル(スイス)=堀部遥】バドミントンの世界選手権最終日は25日、スイスのバーゼルで各種目の決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行 …続き (25日 23:22)

女子ダブルス決勝 福島、広田組と対戦する永原(奥)、松本組=共同

 第3ゲーム終盤、ラリー戦から松本のスマッシュが決まり、20―15と一度は相手を追いつめた。だが、連覇の重圧か、ここから永原、松本組はミスを連発。6連続失点で逆に福島、広田組にマッチポイントを握られた …続き (25日 22:40)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。