/

スキー連盟、会長に勝木紀昭氏 新体制が決定

全日本スキー連盟(SAJ)は6日、東京都内で新体制を決める臨時の評議員会と理事会を開き、新会長に北海道連盟会長の勝木紀昭氏(67)を正式に選出した。強化責任者の競技本部長は元アルペン選手の中村実彦氏(59)が副本部長から昇格することになった。

全日本スキー連盟の会長に就任し、記者会見する勝木紀昭氏(6日午後、東京都港区)=共同

SAJは10月の役員改選で北野貴裕会長や皆川賢太郎競技本部長(肩書はいずれも当時)ら7人の理事選任が否決され、理事の定数を満たせない事態になっていた。6日の評議員会で暫定的に会長を務めていた勝木氏ら理事6人を新たに承認し、続いて開いた理事会で役職を決めた。

前体制で副会長を務めた勝木氏は理事会後に記者会見し、執行部内の情報共有や地方との相互理解が不十分だったことを反省し「みんなで理解し、確認、承諾をして物事が遂行されるような組織体に変えたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン