/

西武、松坂と来季契約に合意 年内に正式契約へ

西武の松坂大輔投手=共同

西武の渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が13日、松坂大輔投手(40)と来季の契約で合意したことを明らかにした。米国に滞在している松坂とオンラインで話し合ったといい、正式契約については「今月中には」と説明した。

松坂は西武に14年ぶりに復帰した今季、首の痛みと右手のしびれが出たため7月に頸椎の手術を受け、リハビリに費やして登板なしに終わった。渡辺GMは「本人も来季は1軍のマウンドに上がりたいと力強く言っていたので期待している」と話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン