/

貴景勝が優勝決定戦制しV 11月場所、大関で自身初

大相撲11月場所千秋楽(22日・両国国技館)大関貴景勝が13勝2敗で並んだ小結照ノ富士との優勝決定戦を押し出しで制し、2018年九州場所以来、11場所ぶり2度目の優勝を果たした。大関の制覇は17年初場所の稀勢の里以来で、貴景勝の大関での優勝は初めて。来場所で綱とりに挑む。

 大相撲11月場所で優勝し、日本相撲協会の八角理事長(手前)から内閣総理大臣杯を受け取る大関貴景勝=両国国技館

1敗で単独トップだった貴景勝は本割で、ただ一人2敗の照ノ富士に浴びせ倒しで敗れ、幕内では昨年秋場所の御嶽海―貴景勝以来となる決定戦にもつれ込んだ。照ノ富士は技能賞を受賞した。

関脇隆の勝は敗れて8勝7敗に終わり、御嶽海は7勝目。小結高安は勝ち越した。幕尻で終盤まで賜杯レースに絡み、11勝を挙げた志摩ノ海と、再入幕で10勝した千代の国がともに敢闘賞。

十両は翠富士が10勝5敗で並んだ旭秀鵬との優勝決定戦に勝った。来年初場所は1月10日に両国国技館で始まる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン