/

アルペンW杯、ヒルシャーが今季初V 日本勢2回目進めず

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)が26日、オーストリアのセルデンで行われ、男子大回転第1戦で日本勢は上位30人による2回目に進めなかった。1回目に大越龍之介(東急リゾートサービス)は1分22秒61で58位、石井智也(サンミリオンク)は途中棄権した。

総合4連覇を狙うマルセル・ヒルシャー(オーストリア)が合計2分28秒09で今季初勝利、通算24勝目を挙げた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン