/

男子走り高跳び、戸辺は7位 ダイヤモンドリーグ

【バーミンガム(英国)=共同】陸上のダイヤモンドリーグ第11戦は18日、英国のバーミンガムで行われ、男子100メートル予選で小池祐貴(住友電工)は追い風0.7メートルの1組で10秒31の6着に終わり敗退した。決勝はヨハン・ブレーク(ジャマイカ)が10秒07で制した。

男子走り高跳び 2メートル19をクリアする戸辺直人(18日、バーミンガム)=共同

男子の走り高跳びで日本記録保持者の戸辺直人(JAL)は2メートル19で7位。ブランドン・スターク(オーストラリア)が2メートル30で優勝した。400メートル障害の安部孝駿(ヤマダ電機)は50秒36の6位で、ヤスマニ・コペリョ(トルコ)が49秒08で勝った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン