/

カーリング、女子は道銀V ロコ・ソラーレと代表決定戦へ

カーリングの日本選手権最終日は14日、北海道の稚内市みどりスポーツパークで男女の決勝が行われ、男子はコンサドーレが高校生チームの常呂ジュニアを9-7で下し、3大会連続3度目の優勝を果たした。来年の北京冬季五輪の代表権を得て、4月の世界選手権(カナダ)で日本の五輪出場枠獲得を目指す。

女子で優勝した北海道銀行(14日、稚内市みどりスポーツパーク)=JCA IDE提供・共同

女子決勝では北海道銀行が2連覇を狙った2018年平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレを7-6で破り、6大会ぶり2度目の優勝を飾った。北海道銀行とロコ・ソラーレは、北京五輪代表権をかけた代表決定戦に進む。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン