/

19歳素根V、五輪代表第1号に決定 柔道GS大阪

柔道のグランドスラム大阪大会最終日は24日、丸善インテックアリーナ大阪で男女計5階級が行われ、女子78キロ超級で世界選手権優勝の素根輝(環太平洋大)は決勝で2012年ロンドン五輪覇者のイダリス・オルティス(キューバ)に延長の末、大内刈りで技ありを奪って初優勝した。19歳の素根は今大会を制したことで、柔道の東京五輪代表第1号に決まった。

男子100キロ級は16年リオデジャネイロ五輪3位の羽賀龍之介(旭化成)が決勝でリオ五輪2位のエルマル・ガシモフ(アゼルバイジャン)に優勢勝ちし、4年ぶり2度目の優勝。世界選手権3位のウルフ・アロン(了徳寺大職)と飯田健太郎(国士舘大)は3位。

男子90キロ級は世界選手権2位の向翔一郎(ALSOK)が3位。長沢憲大(パーク24)は向との3位決定戦を負傷で棄権した。リオ五輪金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)は3回戦で敗退。同100キロ超級は太田彪雅(東海大)が決勝でロシア選手に屈して2位、影浦心(日本中央競馬会)は3位だった。

女子78キロ級はリオ五輪代表の梅木真美(ALSOK)が世界選手権2位の浜田尚里(自衛隊)に一本勝ちで初優勝。同78キロ超級の3位決定戦では朝比奈沙羅(パーク24)が冨田若春(コマツ)を下した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン