オリパラセレクト

フォローする

19歳素根V、五輪代表第1号に決定 柔道GS大阪

2019/11/24 22:01
保存
共有
印刷
その他

柔道のグランドスラム大阪大会最終日は24日、丸善インテックアリーナ大阪で男女計5階級が行われ、女子78キロ超級で世界選手権優勝の素根輝(環太平洋大)は決勝で2012年ロンドン五輪覇者のイダリス・オルティス(キューバ)に延長の末、大内刈りで技ありを奪って初優勝した。19歳の素根は今大会を制したことで、柔道の東京五輪代表第1号に決まった。

【関連記事】素根、悔しさ糧に成長した19歳 柔道の五輪代表第1号

女子78キロ超級決勝 延長の末、キューバのイダリス・オルティス(右)から技ありを奪い優勝した素根輝(24日、丸善インテックアリーナ大阪)=共同

女子78キロ超級決勝 延長の末、キューバのイダリス・オルティス(右)から技ありを奪い優勝した素根輝(24日、丸善インテックアリーナ大阪)=共同

男子100キロ級は16年リオデジャネイロ五輪3位の羽賀龍之介(旭化成)が決勝でリオ五輪2位のエルマル・ガシモフ(アゼルバイジャン)に優勢勝ちし、4年ぶり2度目の優勝。世界選手権3位のウルフ・アロン(了徳寺大職)と飯田健太郎(国士舘大)は3位。

男子90キロ級は世界選手権2位の向翔一郎(ALSOK)が3位。長沢憲大(パーク24)は向との3位決定戦を負傷で棄権した。リオ五輪金メダルのベイカー茉秋(日本中央競馬会)は3回戦で敗退。同100キロ超級は太田彪雅(東海大)が決勝でロシア選手に屈して2位、影浦心(日本中央競馬会)は3位だった。

女子78キロ級はリオ五輪代表の梅木真美(ALSOK)が世界選手権2位の浜田尚里(自衛隊)に一本勝ちで初優勝。同78キロ超級の3位決定戦では朝比奈沙羅(パーク24)が冨田若春(コマツ)を下した。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする
男子準決勝でホールドに右足をかける楢崎智亜。決勝に進んだ(10日、岩手県営スポーツクライミング競技場)=共同共同

 スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ第2日は10日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で行われ、男子準決勝は東京五輪代表の楢崎智亜や前回優勝の藤井快(ともにTEAM …続き (8/10)

 来年に延期された東京五輪のメダル候補、競泳男子の松元克央(セントラルスポーツ)が9日、千葉県国際総合水泳場で行われた競技会で得意の200メートル自由形を1分46秒69で制した。200メートルのレース …続き (8/9)

準決勝進出を決めた楢崎智亜(9日、岩手県営スポーツクライミング競技場)=共同共同

 スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップは9日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕して男子予選が行われ、東京五輪代表の楢崎智亜が1位となり、前回優勝の藤井快(とも …続き (8/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]