/

陸上・男子60、多田修平が優勝 日本室内選手権

陸上の日本室内選手権最終日は2日、大阪市の大阪城ホールで行われ、男子60メートル決勝は昨秋の世界選手権400メートルリレー銅メダルの多田修平(住友電工)が6秒58で優勝した。白石黄良々(セレスポ)は6秒72で5位。

男子の走り幅跳びは日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が6回目に7メートル90を跳んで逆転優勝。棒高跳びは山本聖途(トヨタ自動車)が5メートル50で、三段跳びは伊藤陸(近大高専)が16メートル23のU20(20歳未満)室内日本新記録で制した。女子の走り幅跳びは秦澄美鈴(シバタ工業)が6メートル28で勝った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン