/

川崎とG大阪が元日決勝へ進出 サッカー天皇杯

川崎―秋田の前半、先制ゴールを決める川崎・三笘(中央)=共同

サッカーの第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第9日は27日、川崎市等々力陸上競技場などで準決勝2試合が行われ、J1王者の川崎と、同2位のG大阪が来年1月1日の決勝(東京・国立競技場)に進んだ。川崎は初、G大阪は5大会ぶり6度目の優勝が懸かる。

J1勢の出場は準決勝からで、川崎は三笘の先制ゴールなどでJ3優勝の秋田に2-0で完勝。G大阪はパトリックらの得点でJ2覇者の徳島を2-0で退けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン