/

飛び込み、五輪代表の荒井が3連覇 日本選手権

飛び込みの日本選手権第2日は22日、金沢市の金沢プールで行われ、女子高飛び込みは東京五輪代表の荒井祭里(JSS宝塚)が331.90点で3年連続3度目の優勝を果たした。

女子高飛び込みで優勝し、歓声に応える荒井祭里(22日、金沢プール)=共同

男子3メートル板飛び込みは来年東京で6度目の五輪に挑む寺内健(ミキハウス)が420.15点で5年ぶりに15度目の頂点に立った。4連覇中だった坂井丞(ミキハウス)は体調不良で棄権した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン