2019年2月18日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

比嘉、15連続KOで2度目防衛 地元・沖縄での世界戦

2018/2/4 21:36
保存
共有
印刷
その他

フエンテスにKO勝ちし、喜ぶ比嘉大吾(4日、沖縄県立武道館)=共同

フエンテスにKO勝ちし、喜ぶ比嘉大吾(4日、沖縄県立武道館)=共同

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦が4日、沖縄県立武道館で行われ、王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が同級9位のモイセス・フエンテス(メキシコ)に1回2分32秒でKO勝ちし、2度目の防衛に成功した。戦績は15戦全KO勝ちで、浜田剛史らが持つ15戦連続KO勝利の日本記録に並んだ。デビューからの連続KO勝利は日本新記録。

比嘉は左を当てて優位に立ち、早々と試合を終わらせた。地元の沖縄での世界戦開催は1981年に具志堅用高が敗れて以来、4度目で初の日本選手勝利となった。世界2階級制覇の実績があるフエンテスは31戦25勝(14KO)5敗1分け。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

成田空港で取材に応じる朝比奈沙羅(18日)=共同

 柔道のグランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会(22~24日・ドイツ)に出場する日本代表が18日、成田空港から出発し、女子78キロ超級の世界選手権覇者、朝比奈沙羅(パーク24)は「トップ選手が勢ぞ …続き (12:13)

記者会見でポーズをとるWBAバンタム級王者の井上尚弥。左は父の真吾さん、右は大橋秀行会長(16日、横浜市)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が16日、横浜市の所属ジムで記者会見し、「最強決定トーナメント」ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の準決勝(5月18日・英 …続き (16日 20:43)

 日本ボクシング連盟は15日、3月に予定していたアジア選手権代表選考会を中止すると発表した。アジア選手権を、2020年東京五輪で採用される体重階級ではなく現行の階級で実施するとの通知があったため。
 代 …続き (15日 23:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]