/

照ノ富士が30場所ぶりV 7月場所、殊勲・技能賞も獲得

大相撲7月場所千秋楽(2日・両国国技館)単独トップだった元大関の平幕照ノ富士が関脇御嶽海を寄り切って13勝2敗とし、2015年夏場所以来2度目の優勝を果たした。30場所ぶりの制覇は琴錦の43場所に次いで2番目に長い間隔。

大相撲7月場所で5年ぶり2度目の優勝を果たし、八角理事長(手前)から賜杯を受け取る照ノ富士(2日、両国国技館)=共同

幕尻優勝は初場所の徳勝龍以来3人目。再入幕の場所を制するのも徳勝龍以来で2人目となった。大関経験者が転落後に優勝するのは、昭和以降で1976年秋場所の魁傑以来2人目。2度目の殊勲賞と初の技能賞も獲得した。御嶽海は11勝4敗で6度目の殊勲賞。

新大関朝乃山は関脇正代を押し出し、12勝3敗で終えた。正代は11勝4敗で5度目の敢闘賞を手にした。小結大栄翔は11勝目を挙げて2度目の殊勲賞。

秋場所は9月13日から国技館で開催される。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン