スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

初V正代が殊勲・敢闘賞、新入幕翔猿は敢闘賞 秋場所三賞

2020/9/27 19:10
保存
共有
印刷
その他

大相撲秋場所千秋楽の27日、三賞選考委員会が開かれ、13勝2敗で初優勝した関脇正代が初の殊勲賞と、2場所連続6度目の敢闘賞を獲得した。

106年ぶりの新入幕優勝はならなかったが、11勝4敗で大活躍の翔猿は初の敢闘賞。三賞受賞が2人にとどまったのは2018年九州場所の貴景勝、阿武咲以来。

平幕で活躍した若隆景、阿武咲は11勝目の条件付きで敢闘賞、隆の勝は技能賞の候補にそれぞれ挙がったが落選した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 大相撲の大関朝乃山は22日、東京都墨田区の高砂部屋で稽古し、報道陣の電話取材に応じた。幕下力士と15番ほど取ったといい「感覚は戻ってきた。26日には番付発表なので、気持ちも高めていく」と言葉に力を込 …続き (22日 20:18)

合同稽古を終え、記念撮影する白鵬=後列中央(22日、両国国技館の相撲教習所)=代表撮影・共同

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、出稽古希望者を対象とした合同稽古は22日、最終日を迎え、横綱白鵬や関脇御嶽海ら関取8人が国技館内の相撲教習所で汗を流した。これまで参加していた新 …続き (22日 18:09)

 大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向けた合同稽古が21日、国技館内の相撲教習所で行われ、右膝負傷で2場所連続休場中の横綱白鵬が新大関正代に19勝1敗と順調な回復ぶりをアピールした。注目 …続き (21日 16:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]