/

鈴木愛、逆転で2年ぶり優勝 資生堂女子ゴルフ

資生堂レディース最終日(4日・神奈川県戸塚CC=6570ヤード、パー72)前日から持ち越された第1ラウンドの残りと最終ラウンドを実施。66の2位から臨んだ最終ラウンドで鈴木愛が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68をマークし、通算10アンダーの134で優勝した。2019年11月以来となる通算17勝目。

優勝トロフィーを手に笑顔の鈴木愛。通算17勝目(4日、戸塚CC)=共同

大会は悪天候が続いた影響で36ホールに短縮され、賞金ランキングへの加算は規定で半額となる。優勝は1080万円。

1打差の2位に勝みなみと西郷真央、さらに1打差の4位にささきしょうこと山下美夢有が入った。東京五輪代表の稲見萌寧は第1ラウンド72の90位で予選落ち。71で68位だった22選手は予選は通過したが、進行を早めるため最終ラウンドは競技しなかった。(出場67選手、雨、気温20.3度、北北東の風1.5メートル、無観客)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン