/

大栄翔が8戦全勝、正代2敗目 初場所8日目

大相撲初場所8日目(17日・両国国技館)ただ一人全勝の平幕大栄翔は輝をとったりで逆転し、8連勝で勝ち越した。1敗が消え、後続に2差をつけた。平幕が8日目を終え、2差をつけて単独首位に立つのは1場所15日制が定着した1949年夏場所以降初めて。

大栄翔(上)がとったりで輝を破る(17日、両国国技館)=共同

大関陣はかど番の正代が小結御嶽海に寄り切られて2敗目。貴景勝は玉鷲に送り出され、元気なく6敗目を喫した。かど番の朝乃山は遠藤を押し出して5勝3敗。照ノ富士、隆の勝の両関脇も5勝目を挙げた。

全勝の大栄翔を追う2敗は正代、平幕の明生、霧馬山、明瀬山の4人。十両は剣翔が8戦全勝で単独首位に立った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン