スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

井岡5度目の防衛、大森はTKO負け ボクシングW世界戦

2017/4/23 21:33
保存
共有
印刷
その他

ボクシングのダブル世界戦各12回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(井岡)は同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)に3-0で判定勝ちし、5度目の防衛に成功した。世界戦通算勝利数が「14」となり、具志堅用高の日本記録に並んだ。

井岡はダウンを奪えなかったが、右ストレートなどを的確に打ち込み、危なげなく挑戦者を退けた。井岡が23戦22勝(13KO)1敗、30歳のノクノイは67戦62勝(38KO)5敗。

世界ボクシング機構(WBO)バンタム級6位の大森将平(ウォズ)はマーロン・タパレス(フィリピン)に11回16秒でTKO負けし、世界初挑戦での王座奪取に失敗した。

大森は相手の圧力に苦しみ、10回にダウンを奪われ、11回早々に連打を浴びて敗れた。タパレスは体重超過で王座を剥奪されているため、王座は空位のまま。24歳の大森は20戦18勝(13KO)2敗。タパレスが32戦30勝(13KO)2敗。日本のジムに所属する男子の世界王者は10人のまま。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 ジムの会長らで組織する日本プロボクシング協会(JPBA)は2日、東京都内で理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大による興行中止などで経済的打撃を受けている関係者への支援策を決めた。プロモーターに …続き (3日 23:38)

 プロボクシングの日本ライトフライ級王者の高橋悠斗が3日、所属する白井・具志堅スポーツジムを通じて、タイトルの返上と現役引退を発表した。
 昨年10月に新王者となった高橋は、初防衛戦を控えていたが、新型 …続き (3日 22:13)

 全日本柔道連盟(全柔連)は31日、東京都文京区の講道館で大会実行委員会などを開き、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、体重無差別で柔道日本一を争う全日本選手権(4月29日・千葉ポートアリーナ) …続き (31日 18:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]