スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

ベストアクターが重賞初勝利 競馬の阪急杯

2020/3/1 17:18
保存
共有
印刷
その他

第64回阪急杯(1日・阪神11R1400メートル芝18頭、G3)6番人気のベストアクター(浜中俊騎乗)が1分20秒3で優勝、重賞初勝利を挙げ、高松宮記念の優先出走権を獲得した。

中団につけたベストアクターはスムーズに進路を取ると、最後の直線で力強く抜け出した。1番人気のダイアトニックが2位入線したが、最後の直線で3位入線した2番人気のフィアーノロマーノの走行を妨害したため3着に降着。フィアーノロマーノが繰り上がって2着となった。

払戻金は単勝が2230円、枠連は(3)-(7)で1650円、馬連は(6)-(14)で4900円、馬単は(14)-(6)で1万2870円、3連複は(3)-(6)-(14)で4940円、3連単は(14)-(6)-(3)で4万190円、ワイドは(6)-(14)が1560円、(3)-(14)が1420円、(3)-(6)が320円。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第81回菊花賞を制し、史上3頭目の無敗での3冠を達成したコントレイルと福永祐一騎手=共同


 最終コーナーを回った際の手応えも良く、直線で後続を突き放すかにみえた。だが、コントレイルは過去6戦の内容からは想像できないほどの苦戦をここから強いられた。

 自身のすぐ左から馬体を並べてきた名手、ルメ …続き (25日 19:35)

第81回菊花賞を制したコントレイル(左)と2着のアリストテレス(25日、京都競馬場)=共同

 第81回菊花賞(25日・京都11R3000メートル芝18頭、G1)3歳クラシックレースの最終戦。1番人気のコントレイル(福永祐一騎乗)が皐月賞、日本ダービーに続いて3分5秒5で制して、デビューから7 …続き (25日 18:09)

菊花賞を制し、史上3頭目の無敗での三冠を達成したコントレイル(左)と2着のアリストテレス=共同

 日本の競馬に革命を起こした大種牡馬サンデーサイレンスがこの世を去ったのは、2002年8月19日。サンデーの代表産駒であるディープインパクトは、父の死の5カ月足らず前の同年3月25日に生まれた。サンデ …続き (25日 16:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]