/

渡辺一平・渡部香生子、200平で大会新V 競泳の社会人選手権

競泳の日本社会人選手権最終日は8日、和歌山市の秋葉山公園県民水泳場で行われ、200メートル平泳ぎの男子は渡辺一平(トヨタ自動車)が2分8秒69の大会新記録で優勝した。女子は渡部香生子(JSS)が2分25秒05の大会新で勝った。

男子200メートル平泳ぎ決勝 2分8秒69の大会新記録で優勝した渡辺一平(8日、和歌山市秋葉山公園県民水泳場)=代表撮影・共同

女子の大本里佳(ANAイトマン)は200メートル個人メドレーを2分12秒53の大会新で制し、100メートル自由形も55秒91で1位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン