/

新谷仁美、14年ぶり日本新記録 ハーフマラソン女子

陸上女子で昨秋の世界選手権1万メートルに出場した31歳の新谷仁美(積水化学)が19日、ヒューストンで行われたハーフマラソンに出場し、1時間6分38秒の日本新記録で優勝した。従来の記録は2006年に福士加代子(ワコール)が出した1時間7分26秒で、14年ぶりに48秒塗り替えた。

新谷は所属先を通じて「日本記録を目標にしていたので、今はほっとしている。今年は五輪があるので、国民の皆さまの期待に応えられるような走りをできるようにトレーニングに励みます」とコメントした。

新谷は13年世界選手権1万メートルで5位入賞を果たしたが、14年1月に引退を表明。一般企業での勤務を経て18年に復帰した。昨秋の世界選手権は11位だった。1万メートルでは東京五輪の参加標準記録も突破済み。26日の大阪国際女子マラソンではペースメーカーを務める予定。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン