/

渡辺が男子200平連覇 競泳日本選手権、松元は3冠

競泳の日本選手権最終日は6日、東京五輪会場の東京アクアティクスセンターで行われ、200メートル平泳ぎの男子は渡辺一平(トヨタ自動車)が2分7秒08の好タイムで2連覇した。19歳の佐藤翔馬(東京SC)が2位。女子は渡部香生子(JSS)が2分23秒15で勝ち、100メートルとの平泳ぎ2種目を制した。

男子200メートル平泳ぎ決勝 2分7秒08で2連覇した渡辺一平(6日、東京アクアティクスセンター)=共同

男子100メートルバタフライは松元克央(セントラルスポーツ)が51秒66で1位となり、自由形の200メートルと400メートルを合わせた3冠を達成した。女子200メートル背泳ぎは酒井夏海(スウィン美園)が2分9秒32で制し、自由形と背泳ぎの3種目優勝。男子200メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が1分55秒55で勝った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン