/

ラグビー日本、最下位相当の15位 7人制男子WS

【シンガポール=共同】ラグビー7人制男子の国際大会、ワールドシリーズ(WS)第8戦最終日は17日、シンガポールで行われ、日本は下位チームによる順位決定戦でポルトガルとロシアに連敗し、参加16チームのうち最下位相当の15位に終わった。

前日の1次リーグでD組3位となり8強進出を逃した日本はこの日、9~16位決定予備戦でポルトガルに7-14、13~16位決定予備戦ではロシアに15-17でそれぞれ敗れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン