/

バレー日本女子、ブラジルに敗れVならず ワールドGP

ブラジルに敗れて初優勝を逃し、肩を落とす木村(左端)ら(24日、有明コロシアム)=共同

バレーボール女子のワールドグランプリ決勝リーグ最終日は24日、東京・有明コロシアムで行われ、日本はブラジルに0-3で完敗し、4勝1敗、勝ち点12の2位で初優勝を逃した。ブラジルが4勝1敗の同13で2連覇を決めた。

日本は1977年ワールドカップ(W杯)以来となる主要国際大会のタイトルを狙ったが、ロンドン五輪女王のブロックと力強いプレーに苦しんだ。15-25、18-25で2セットを奪われ、第3セットも25-27で競り負けた。

ロシアは3-2で中国を破り、3勝2敗の勝ち点7で3位となった。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン