/

高安、土俵入り後に異例の休場 再出場なければ大関陥落も

大相撲の西大関高安(29)=本名高安晃、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が九州場所8日目の17日、腰痛を発症して取組直前に急きょ休場した。福岡国際センターに来場し、幕内土俵入りを務めた後での休場決定は極めて異例。対戦相手の宝富士は不戦勝となった。

3度目のかど番の高安は不戦敗で3勝5敗。日本相撲協会審判部は9日目の取組を再編成する「割り返し」を実施し、高安のしこ名を抜いた。再出場しなければ2場所連続の負け越しとなり、2017年名古屋場所から15場所在位した大関から陥落する。

田子ノ浦部屋関係者によると、17日の朝稽古後に腰痛を訴えて病院に行ったが、会場で付け人の肩を借りて歩くなど状況は改善されなかった。高安は険しい表情で、報道陣の問い掛けには無言で帰途に就いた。

八角理事長(元横綱北勝海)は「お客さんに本当に申し訳ない。私も現役時代に経験があるけど、腰ばかりはかばいようがない。取りたい気持ちがあったんだろうけど、動けないことにはね」と話した。

左肘負傷で先場所を全休した高安の休場は3場所連続7度目。十両以上の休場者は8人となり、横綱鶴竜、大関豪栄道と合わせて大関以上の3人が不在となった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン