/

作新学院、54年ぶり2度目の優勝 高校野球

第98回全国高校野球選手権大会最終日は21日、甲子園球場で決勝が行われ、作新学院(栃木)が7-1で北海(南北海道)を下し、春夏連覇を果たした1962年以来、54年ぶり2度目の優勝を飾った。

作新学院は1点を追う四回に鮎ケ瀬、今井、山本の3連続適時打など打者11人の猛攻で5点を奪い逆転すると、五、七回にも加点。エース今井が反撃を許さず、7安打に抑えて完投した。

全国最多37度目の出場で初めて決勝に臨んだ北海は二回に鈴木の適時打で1点を先制したが、三回以降は得点を奪えなかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン