/

女子は野口4位、男子は清水が初V クライミングW杯リード

スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は27日、千葉県の印西市松山下公園総合体育館で、到達した高さを競うリードの今季最終第6戦が行われ、女子決勝で日本勢は東京五輪代表の野口啓代(TEAM au)の4位が最高だった。男子は清水裕登(愛媛県連盟)がW杯初優勝を飾った。

男子決勝 優勝した清水裕登(27日、印西市松山下公園総合体育館)=共同

8人による女子決勝で野中生萌(XFLAG)は5位、谷井菜月(奈良・橿原学院高)は6位、田嶋あいか(慶大)は8位。金ジャイン(韓国)が優勝した。9人による男子決勝は波田悠貴(日体大)が4位、楢崎明智(TEAM au)が9位だった。

世界選手権で銅メダルだった女子の森秋彩(茨城県連盟)は準決勝で敗退した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン