スポーツ > ニュース > 記事

山田、リオへ順調な調整ぶり パラ競泳代表が最後の実戦

2016/7/18 0:23
保存
共有
印刷
その他

障害者競泳のジャパンパラ大会は17日、横浜国際プールで開幕し、リオデジャネイロ・パラリンピックの日本代表19人が本番に向けて最後の実戦に臨んだ。チームの主将を務める山田拓朗(NTTドコモ)は男子50メートル自由形(運動機能障害S9)を制し「いい状態できている」と順調な調整ぶりをうかがわせた。

レース後にはリオ大会の壮行式も開かれた。木村敬一(東京ガス)は男子100メートル平泳ぎ(視覚障害SB11)決勝で隣のコースに進入して失格となり「リオでは金メダルを外さないように真っすぐ泳ぎたい」と巻き返しを期した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

 2024年と28年の夏季五輪をパリとロサンゼルスで開催するのが確実となった。両都市での開催はともに3回目と、ロンドンに並びトップに立つ。夏季、冬季を合わせて五輪を2回以上の開催(予定含む)は東京を含 …続き (1日 13:22)

 2024年と28年の夏季五輪をパリとロサンゼルスで開催するのが確実となった。両都市での開催はともに3回目と、ロンドンに並びトップに立つ。夏季、冬季を合わせて五輪を2回以上の開催(予定含む)は東京を含 …続き (1日 13:22)

 【ジュネーブ=原克彦】国際オリンピック委員会(IOC)は31日、2028年夏季五輪の開催都市をロサンゼルスに決めたと発表した。IOCは24年大会に立候補しているロサンゼルスとパリを、24年と28年に …続き (1日 9:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]